一般社団法人 日本老年薬学会

一般社団法人 日本老年薬学会
高齢者に対する適切な薬物治療の実践を医師と薬剤師、薬学研究者が共同で研究 高齢者医療の支援・発展に寄与すること、老年薬学認定薬剤師育成を目的日本老年薬学会
 
 
TOP > 認定薬剤師制度
 
 

認定薬剤師制度Facebook

認定薬剤師制度に関する情報の更新

お知らせ&よくあるQ&A

研修会等のスケジュール

本会主催以外の研修会

認定制度の概要

2017年度、2018年度 暫定期間に
おける認定申請について


認定申請の要件

認定申請書類、手引き等(暫定認定から本認定への移行)

認定申請書類、手引き等
(2019年度以降の認定申請)


認定試験

老年薬学認定薬剤師制度規則・
施行細則


認定薬剤師一覧

教育研修委員会

研修会等開催機関向け
お知らせ&よくあるQ&A

お知らせ (180903更新)
◯2018年度認定薬剤師の合否について
2018年度に認定申請された方は、会員専用ページ内で合否をご確認ください。登録手数料の振込期限が10月末となりますので、ご注意下さい。

◯本認定への移行申請について
「移行申請の要件」「様式5」「様式6」を修正しました。ご確認ください。
※移行申請を行う予定の方は、早めに実技実習等3項目受講の準備をお済ませください。
※第3回日本老年薬学会学術大会(2019年5月11日、12日)での実技実習・ワークショップの開催は1、2項目の予定です。

よくあるQ&A (180903更新)
Q1. 老年薬学認定薬剤師の単位取得を目指したいのですが、制度の概要をどこで確認できますか?
A1. 薬剤師認定制度の概要をホームページにおいて掲載しております。変更をする場合もホームページで公開をいたします。

Q2. 認定の申請はいつ受け付けていますか?
A2. 申請受付は年1回(4/1~5/31)となります。

Q3. 前年度に取得した推薦書を申請に使用できますか?
A3. 「申請日から遡って3ヶ月以内のものが有効」となります。再度、取得してください。

Q4. 2019年度に暫定認定から本認定への移行申請を行い、不合格となった場合どうなりますか?
A4. 2019年度に本認定への移行申請を行い、症例審査又はWeb試験が不合格となった場合にのみ、2020年度に再申請が可能です。なお、2020年度以降は、本認定への移行の再申請受付はありません。また、2019年度の本認定への移行申請において8単位の取得及び実技実習等の3項目受講の要件を満たしていない場合は、当該措置の対象となりませんのでご注意下さい。