一般社団法人 日本老年薬学会

一般社団法人 日本老年薬学会
高齢者に対する適切な薬物治療の実践を医師と薬剤師、薬学研究者が共同で研究 高齢者医療の支援・発展に寄与すること、老年薬学認定薬剤師育成を目的日本老年薬学会
 
 
TOP > 認定薬剤師制度
 
 

認定薬剤師制度Facebook

認定薬剤師制度に関する情報の更新

お知らせ&よくあるQ&A

研修会等のスケジュール

本会主催以外の研修会

認定制度の概要

2017年度、2018年度 暫定期間に
おける認定申請について


認定申請の要件

認定申請書類、手引き等
(暫定期間(2017・2018年度))


認定申請書類、手引き等
(2019年度以降の認定申請)


老年薬学認定薬剤師制度規則・
施行細則


認定薬剤師一覧

教育研修委員会

研修会等開催機関向け
お知らせ&よくあるQ&A

お知らせ (180204更新)
今後のワークショップ・実技実習等の予定
2018年度は東京・名古屋・関西・九州で各1日ずつ、1日で2種類のワークショップを行う研修会の開催を予定しております(各地域とも同じ内容となります)。会場および日程は確定次第HPでご案内いたします。
※2019年度の暫定認定から本認定への移行申請は、準備期間が少ないため、特例として移行申請年度の申請〆切までの受講を有効としております。第3回学術大会でのワークショップ・実技実習等のご受講分も移行申請に用いることが可能です。

よくあるQ&A (170831更新)
Q1. 老年薬学認定薬剤師の単位取得を目指したいのですが、制度の概要をどこで確認できますか?
A1. 薬剤師認定制度の概要をホームページにおいて掲載しております。変更をする場合もホームページで公開をいたします。

Q2. これから研修会等を受講し、暫定期間での認定を目指したいですか可能ですか?
A2.2017年5月13日の研修会で6講義を受講され、札幌研修会(7/9)もしくは福岡研修会(9/3)において3講義及びワークショップ~Basicコース~を受講された場合は、2018年度の申請が可能です。全受講が出来ない場合は、2019年度以降の本認定制度での申請をお願いします。

Q3. カリキュラムコード4、6-2、10の確認テストの実施について
A3. カリキュラムコード4、6-2、10の3項目に関する各確認テストは、自宅にてwebから各自が回答する形式です。認定申請受付期間に、日本老年薬学会ホームページ内の「会員専用」ページに入り、「資格認定申請」の画面内で解答することができます。なお、カリキュラムコード10の内容について講義を提供する予定ですが、受講は必須ではありません。講義は基本的な内容でありますので、感染制御認定薬剤師や専門薬剤師等をお持ちの方は、受講不要と思われます。コード10に関する講義は、2018年2月の研修会(東京)において提供できるよう準備を進めております。

Q4. 認定の申請受付について
A4. 2018年度は4/1~5/31が申請受付期間となります。

Q5. 2017年度に取得した推薦書を2018年度の申請に使用できますか?
A5. 「申請日から遡って3ヶ月以内のものが有効」となります。再度、取得してください。